2013.10.1(火)〜10.31(日) 『鹿児島の伝統陶芸と現代陶芸の美−その造と技法の多様性−』

鹿児島に焼物が伝わって400年余り、脈々と受け継がれて来た薩摩焼の伝統を守りつつ制作された作品と、「使う陶」ではなく「観る陶」として作られた現代陶芸作品を展示いたします。これら鹿児島に根ざした陶芸作品に見え隠れする、造形や技法の違いを楽しんでいただけます。

展示作品  

苗代川方形大壺」荒木幹二郎、「水車文大鉢」永吉 一、 「灰釉甃文七角鉢」竹之内彬裕、「布目彩色深鉢」岩田鉄山、「桜島」大畠 久 、「大地礼賛」田島修次など 約45点


                         
観覧料 一般500円 高・大学生300円 小・中学生200円
(常設展もご覧いただけます)

←戻る


陶芸展

陶芸展2